写真付現況測量図
ドローン空撮作成

イメージ画像
イメージ画像

ドローン
空撮

地上
測量

次世代
測量図

ドローン空撮+地上測量の組み合わせで満足度の高い測量

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

ドローンを用いた
次世代の空撮測量サービス

当社は、ドローンで撮影した写真に補正を行い、歪をなくした写真を正確に並べ、写真と測量図を合わせた現況写真測量図をご提供しています。
ドローンを活かした特許申請中の技術を活用すれば、より分かりやすい現況写真測量図を作成することが可能です。災害時の現況測量図、山林等の個人資産調査(相続登記)・太陽光工事・ゼネコンによる段階測量(工事現状確認)・境界線立会の調査資料など、幅広い分野での活躍が期待できます。

納品物
現況測量図 + 写真付き現況測量図

測量業務の大幅な効率化を実現

従来の測量方法に比べて、条件にもよりますが、延べ人数は約半分の人数、延べ日数では約半分の期間で測量ができるようになりました。 そのため、大幅に現場測量の人数や日数を短縮することが可能になり、今までの測量業務よりはるかに効率的に測量できるようになりました。また、測量図面だけでなく空撮写真も撮影できるので、建物、構造物等の把握ができ、工事現場での資料などに役立ちます。さらに、竣工時にも空撮を行うことで工事結果の確認と、施工例として今後の営業資料にもご活用していただけます。

従来の地上測量

イメージ画像

距離と角度を測るトータルステーションやGNSSによる測量機器を用いて現地の地形・地物を測定し、地形図を紙または、CADデータ化して測量図を納品していました。

イメージ画像

サービスの強み

イメージ画像

01

従来の測量に比べて圧倒的に
効率的な施工システム!

人手不足の解消、工事単価の高騰課題の解消、効率化、精度や品質の向上、工事中の測量安全性の向上につながります。
災害等の緊急時にも対応可能!

02

空撮測量により地上測量では
難易度が高い箇所でも対応可能!

山岳部や、広範囲の測量もドローンでの撮影であれば効率的に施工することができます。また、ドローン測量なので測量時に工事を休止する必要もありません。

03

ドローン撮影の俯瞰的な写真で
具体的なイメージが掴みやすい!

俯瞰写真なので工事への理解が深まり、お互いが連携しやすくなります。工程計画・進捗状況・出来形管理等、段階毎に各用途に応じて対処できる高い利便性!

約10,000平米からのご依頼を承っております。
測量費用と工期は、ご相談の上対処させていただきます。

SERVICE

こんなときに便利

イメージ画像

不動産開発委託業・土木施工業・測量設計コンサルタント業・山林等個人資産を有する方など
大規模な測量や地形が複雑な測量が必要な方にお勧めしています!

建物を建築するにあたり
およその形状・面積を知りたいとき

土地の売却を考えていて
およその面積を知りたいとき

建築確認申請書の
建物配置図を作成するとき

分筆登記など土地の利活用のプラン作成
建築設計の建物配置プラン等を計画するとき

開発計画などの事前準備、段階的に工事が
どこまで進んでいるか確認するとき